きつね色の子守唄

メーカー
アクトレス
シナリオ グラフィック 音楽
58点 60点 71点
キャラクター ゲームシステム 総評
62点 55点 57点



シナリオ:41点
プロローグの説明はここでは省略。OHPで確認してください。
ゲームは6日間。選択肢はやや多いですが、シナリオそのものは短いです。
正直、期待はずれの感が強いですね。

救いは一応シナリオに筋が通ってることでしょうか。
でも、この場合それはほとんどが共通ルートであるってことを指すわけでして(汗

Hシーンは各ヒロイン3〜5回あります。
短いシナリオの割に多かったりしますが、特に珍しいものがあるわけでもありません。
グラフィック:60点
一言、微妙。
私がコレをプレイする気になったのは某氏がやるって聞いたからなんですが、
どうも私の好みの絵ではないんですよね……(汗
じゃ、買うなって話にもなるんですが、それは突っ込まないでください……

CG枚数は120枚(差分含まず)です。
CD-ROM1枚でなら枚数は十分ではないでしょうか。
グラフィックは万人ウケしないでしょう。
音楽:71点
案外、音楽はよかったりします。
OP「書きかけのDiary」は個人的に出だしが好きだったりします。
こういう落ち着いた曲はゲームのイメージにあってると思います。
曲数はボーカル曲1曲を含む16曲。容量を考えれば妥当かもしれませんね。
シナリオ、グラフィックで結構マイナスだっただけに音楽が良かったのは私も良かったと思います。
キャラクター:62点
基本的に、ってゆーか、メイン5人しか出てきません。
実は全員あんまり印象に残ってないのですよ。


・水口美奈子
明るく、活発な女の子。口よりも手が早い(笑

・水口浩子
美奈子の妹。恥ずかしがりやだが、家事などは得意。

・川城理恵
神社に住む女の子。実は神だったりします。

・中里今日子
美奈子の友人で、主人公への言動が結構厳しい。

・水口ゆうき
美奈子や浩子の従姉。主人公の初体験の相手。


ホントに今回私が書いてること短いでしょ?
だって、あまりにも感情移入できなかったんですよ。別に手を抜いてるわけではないです。

タイトルからして、メインは理恵のシナリオだと思ってたのですが、
あまりにも短いんでそれを全く思わなかったり。
ゲームシステム:55点
一通り、全ての機能がついてます。
過去ログ、オートモード、CG、音楽、シーン鑑賞などはもちろんあります。
シナリオがそれほど難しくはないのですが、セーブ箇所は20箇所のみ。
やや少ないかもしれませんが、このゲーム絶対に20箇所も使わないからまあいい。
気になった点は2つ。
1つは、セーブとロードの表記があまりにも似すぎて一度ならず間違えたこと。
もう1つは環境によってはセーブができなくなること。
システム面はしっかりと作って欲しいです。
総評:57点
なんか今回は手厳しいことを書き連ねた気がしますね……

全体的にボリュームに欠けている気がします。
特に盛り上がりもなく、普通にエンディングまで迎えてしまうでしょう。感動の2文字とは縁がありません。
音楽は意外によかったような気がしますが、他はかなりマイナス面が多いです。
私はアクトレス作品は前々作「マージ 〜MARGINAL〜」はやりましたが、
そちらのほうができが良かった気がします。どうしても同じメーカーが作ったようには思えなかったり。

結論:今作はデフォ買いをおすすめできません。


【戻る】