モルダヴァイト

筆者 メーカー
那波 琥珀さん CLOVER
シナリオ グラフィック 音楽 ゲームシステム
82点 100点 87点 91点
総評
90点



シナリオ:82点
自軍のユニットを操作して、敵を撃破するゲームです。
主人公たちは、カードを使った召喚を使用しながら戦う・・・というゲームです。
ゲーム中には八枚の神のカードが存在し、主にそれのカードをメインに戦う事になります。
ステージは全部で25ステージとボリューム大で、長期にわたって楽しめる作品になっています…が!!
少し長すぎる感がどうしてもあります。
一度プレイするだけならいいのですが、全員クリアは至難の業です。
とにかく、時間が滅茶苦茶かかります。
これはもう相当暇なときや、長期の休みのときにやるしかありません。
全部のCGを集めるためには、9回クリアしないといけません。
はっきりいって、そんなにやり込むと死にます(笑)
プレイの際は、攻略キャラを3人ぐらいに絞った方がよろしいかと・・・。
グラフィック:100点
絵的にはかなり高いランクです。
数人の原画家が手がけた作品にしては、あまり『乱れ』が感知できないすばらしいできです。
絵を見て衝動買い・・・というのもいいのではないかと思います。
なお、限定版には『ステラのフィギュア』と『原画集のようなもの』が付いてきます。
カーネリアンさんやドレン・チェリーさんのファンには強くお勧めします。
また、カードのイラストも素敵な仕上がりになっていて、いい味を出しています。
これだけの数の原画家が集ったゲームも珍しいので、購入してみてもいいと思います。
もしかしたら、新しく好きな原画家さんを発見できるかも知れませんよ?
音楽:87点
オープニングのムービーと、主題歌『この手の中の未来』がベストマッチです。
壮大な冒険の一部が凝縮された、見ていてなんだかやる気が出るムービーです。
ただし・・・スペックの問題で、スムーズにムービーを見れないかもしれません。
音楽は、それぞれのキャラクターにあったものが作られていると思います。
戦闘中に流れる音楽が、戦闘を盛り上げてくれるでしょう。
ゲームシステム:91点
一言で言うなら、『召喚師によるバトルゲーム』。 
一人のユニットが持てる召喚カードは3枚。
戦闘の前に、それぞれに持たせる『召喚カード』と『アイテムカード』を選択する事になるので、
戦闘中のカードの持ち替えはできません。
よくある『シナリオに沿って戦闘が続く』タイプのゲームで、全25面あります。
結構時間はかかりますが、おもしろいゲームです。
この業界では、少し珍しく斬新なタイプではないでしょうか。
総評:90点
音楽、グラフィック、シナリオ・・・共に良い出来になっています。
何度もプレイしないといけない事を考えるとキツイですが、それはそれでおもしろいと思います。
多数の原画家による、コラボレーション作品・・・それが『モルダヴァイト』。
多数の人間が絵を手がけると起こる絵の『乱れ』がない事から、
『CLOVER』というブランドの結束の固さが垣間見えます。
これからの『CLOVER』の活動・・・目が離せないものになりそうです。


【戻る】