天使のいない12月

メーカー
Leaf
シナリオ グラフィック 音楽
70点 92点 80点
キャラクター ゲームシステム 総評
88点 70点 80点



シナリオ:70点
基本的には暗い話です。ってゆーか鬱ゲーです。
長さはそんなに長くはないです。まさに丁度いいって感じで。
選択肢も多くないです。ただ、一つ間違えるとバッドエンド直行になりかねませんけどね。
そういうわけで難易度もそれほど高くはないです。

シナリオはかなり廃退的な感じがします。主人公があんな感じですからまぁ当然ですが。
ゲーム中に何度も「セックス」という単語を連発するのもそのためでしょう。
まぁ、18禁ゲームですからいくら連発しても問題ないわけで。
当然(?)エンディングもハッピーエンドと言えるのかどうかはわかりません(私的に
エンディングの詳細は伏せるとして、結局最後まで私的には面白いかどうか微妙でした。

笑えるシーンはありませんでしたが、逆に、特に涙するシーンもなかったような……
感動するシーンは若干あったような……

Hシーンはそこそこの数があります。特に透子とのカラミが一番多いですね。
全編通して薄いってゆーのはもうお約束なのかもしれませんが。
グラフィック:92点
今さらグラフィックに文句のつけようはないですね。
原画はなかむらたけしさん、みつみ美里さんの2人です。
特に乱れもなく、普通によかったと思います。
私は絵で買う人ですから(笑
ところで、この人たちの絵って、より人間に近い絵って気がしませんか?
ま、美少女がこんなに固まっている場所なんてそうないでしょうが。
唯一、CGの枚数が少ないのが残念ですね。Hシーンも使い回しが多々ありましたから……
音楽:80点
曲数はボーカル曲を含む全24曲です。
暗い曲の方が多いですが、やはりデキのいい曲ばかりに仕上がってます。
ギターソロはよかったですね。何か切ないし。
OP&EDもどんどんよくなっていってますね。これホントにゲームの曲か、みたいな(笑
一度聞いてみることをお勧めします。サントラも出る事ですし……
キャラクター:88点
えーと、最初に。
全員普通じゃないって(汗

・栗原透子
ストーリー冒頭で主人公と関係を持つ。
自分に自信がなく、実際に何をしてもダメな少女。

・榊しのぶ
透子の親友で、クラス委員。
責任感が強く、いつも透子を助けている。

・麻生明日菜
バイト先の先輩で、女子大生。
その行動はどこか小悪魔的でお茶目。

・須磨寺雪緒
ケーキ屋のバイト店員。
その言動、行動ともにクールで落ち着いている。

・葉月真帆
主人公の友人の彼女で一年生。
ラクロス部に所属し、いつも明るい。

と、普通の紹介をしたのですが(笑)、全員二面性を持ってます。
そのもう一つの顔は自分で見つけてください。私が書くとネタバレになってしまいますので。
個人的には、
明日菜>>>>雪緒>>真帆>透子=しのぶってな感じです。
ゲームシステム:70点
え〜と、普通です(笑
特にシステムに際立ったところはないですね。可もなく不可もなくでしょうか。
セーブ箇所は40個。十分ですね。
スキップが右クリックから選ばないと使えないのは少しマイナスですね。
あとはエンディングがスキップできないとか。
エンディング後のボーナスは聞く価値アリですな。
総評:80点
自分で書いてることが謎な気がしますが、とりあえず総評です。
正直、心が晴れてません。すっきりしないんですよ、鬱ゲーって。
別に嫌いとか言うわけではないんですよ、ホント。

全体的に完成度は非常に高いですね。さすがはLeafという感じですね。
今回も期待は裏切ってないです。
けど、ハッピーエンド志向者にはお勧めできないですね。私みたいな(笑
絵だけで買うのは控えるべきかと。
シナリオ全体を楽しんで、生きるということの意味をよく考えてプレーしてもらいたい作品です。

ちなみに、総評:80点は完成度の高さだと思ってくださいな。


【戻る】