記事一覧

2012年11月16日(金) - WGP2012岡山トリオ

遅くなりましたが土曜日にWSの岡山大会があったのでその簡単なレポ。
今回はトリオで参加しました。

今年2回目のデッキレシピ掲載は・・・
【続きを読む】からお願いいたします。

続き

私のチームはこんな感じ。

先鋒:AB
中堅:Rewrite
大将:ディスガイア(私)

デッキは最近よく使うディスガイア。
一番怖いRewriteは先鋒・中堅に多く、大将にABが多いだろうとの想定でこのデッキを選択。

ちなみに通りすがらないディスガイア。
いろいろ構築をテンプレから弄ってるせいで、自分には回しやすくなったデッキ。



【1回戦】
×先鋒:対アイマス
○中堅:対Rewrite
○大将:対AB

いきなり想定通りのトップタイトル。
相手は8扉ではなくEX2で増えたサーチ採用型。相手に次々とサーチを決められるが、どこまでいっても助太刀椎名は見えない(おそらく不採用)
絆で回収できるLv2助太刀が見えたところで、Lv2以降はサイドなしで打点を通していく。
疑似リフレ後の圧縮も強く、こちらの勝ち。

チームも×○○で勝利。まずは幸先いい。


【2回戦】
×先鋒:対Rewrite
○中堅:対AB
×大将:対DC

相手がLv0のキャラが沸いてこず、1パンを続けてくる。
先上がりさせてしまうが、それ以上にこちらはCXを1枚はききれない。手札にCXを複数抱え続けてるのもつらい。
一応疑似リフを行うも6戻り。相手もCXがストックに噛んでるのだがキャンセルが凶悪。
結局最後は押しとおされて負け。チームも負けで正直申し訳ない。



【3回戦】
○先鋒:対Rewrite
×中堅:対アイマス
○大将:対AB

気を取り直して3回戦。相手はABだがこちらはガルデモ型。CXシナジーでLv3ユイ早出し&高パワーがウリ。
元よりLv2以降パワーで勝負する気がないので、こちらは後列を展開しつつLv1で「神の使い 天使」を倒していく。
相手が残り山札1枚でCX8落ちのところはサイドで確実に通し、助太刀椎名を使わせない。
最後はいつも通りのループでぐるぐる。CX1000/1を貼りながらの2-2-2アタックで勝利。

チームは○×○で勝利。これで4回戦へ。


【4回戦】
×先鋒:対シンフォギア
○中堅:対Phantom
○大将:対Fate

予選最終戦。
今回は申し訳なくなるくらいに相手のキャンセルがない。「ラハール&マオ」でCXを戻したにも関わらずない。
「断罪者 ネモ」をリバースするとCXがクロックへ飛ぶのも重なり、相手のリフレ後のクロックは3-4。
こちらは疑似リフレ後Lv2の前半。ごり押しして勝利。

チームも勝利したものの、3勝1敗のチームの中で勝利数が少なく11位で予選敗退。厳しいなぁ。
個人の分だけ見れば、前回よりはよかったのでまぁよしとしましょうか。
(前回の予選:2勝2敗)

チーム成績:3勝1敗
個人成績:3勝1敗



なかなか思うようにはいきませんね。
とはいえ、ディスガイアは「超魔王ラハール」の2枚規制後も結果を残している通り、現在も一線級で使用できるのがわかりました。
今回の大会でいくつか試したい変更が見つかったので、ちょっとトライしたいところです。

残す高松のネオスタン参加のデッキはまだ未決定。
週末の調整で決定したいです。


終わりー。

コメント一覧